小さな天文台から

アクセスカウンタ

zoom RSS 30p反射望遠鏡の接眼部を取り換え

<<   作成日時 : 2016/06/19 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

30p反射望遠鏡の接眼部を取り換えました。
Moonlite Focuser の2.5インチです。
モーター付きで\113,000円
30p反射鏡筒本体と同じ値段で高いです。

冷却CCDのST8300と色合いが合っていて
格好いいです。

画像

元から付いている3インチ接眼部は
リニアクレイフォード式としていますが、
左右に大きなガタ付きがあります。

画像

図の通りの構造で、この太いドローチューブを
細いレールで支えるというありえない作りです。
正しいクレイフォード式ではガタは発生しません。

Moonlite Focuserは典型的なクレイフォード式で
非常に丈夫で精度の良い作りです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
30p反射望遠鏡の接眼部を取り換え 小さな天文台から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる